ボトックス注射と他の薬の服用について

ボトックス注射は美容整形でも使うものです。

詳しく言うと、ボツリヌス菌という毒を体に打ち込み緊張を抑えるものです。

脳性麻痺の場合、不随意運動の抑制、緊張の緩和などに使われます。

長崎大学名誉教授穐山富太郎医師(私の恩師)によると、

ボツリヌス治療を手がけた最初の症例は10年前で、

重度アテトーゼ型脳性麻痺者であった(脳性麻痺ハンドブックより抜粋)。

という論文があります。

4年前までは首にしか打てなかったと思います。

今は首・腰・手・足にも打てるようになりました。

これは大変な進歩です。

しかし、心臓の後ろには打てない条件があります。

打った場合、死に至るからです。

打った後3ヶ月から4ヶ月は効果があります。

打った後のケアとしては、薬の服用(ダントリウムやセルシン)などを飲んだ方が効果は上がります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

これが私のコンサート風景。 ↓クリックしてご覧ください↓

このページの先頭へ