護摩の意味

護摩焚きは、様々な供養や祈願を神仏様に護摩木にいろいろ書いてやるものです。どこかで、無縁仏様がいらっしゃったらその人に対して成仏してくださいと護摩を焚くこともあります。
心から般若心経や諸真言を私達が読むときに一緒になって読んで頂くと護摩の効果は上がる、何にもしなければ効果はないことはない。その場におることが一番大事になると明徳は思います。
各家庭には、先祖代々の仏様がいらっしゃると思います。日々の生活でロウソクを灯しお線香をあげこれでも立派な供養になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

これが私のコンサート風景。 ↓クリックしてご覧ください↓

このページの先頭へ